〈link rel="apple-touch-icon"href="https://img21.shop-pro.jp/PA01449/629/etc/sake%A5%ED%A5%B4.jpg?cmsp_timestamp=20200709165924"/〉〔E0R〕
        

日本最古の歴史書「古事記」。この「古事記」に書かれている内容は所詮神話であり歴史的事実ではないと言われてきました。ところが、近年の考古 学の成果によってかなりの部分が事実を反映してきたものだと判ってきました。 従来、大多数のホテルの客室には「聖書」と「仏教聖典」が常備されていました が、この「古事記」が置かれているホテルはありませんでした。 20世紀を代表する歴史家アーノルド・トインビーは、「12、3歳までに神話を 学ばなかった民族は、例外なく滅びていく」と述べています。彼は世界中の民族 の歴史を研究して、神話を学ばない民族は、必ず100年以内に滅びるという法 則を発見したのです。なぜそうなるのか。神話は民族のアイデンティティだから です。戦後、日本人が日本の神話を知らなくなったことは、日本の危機といえます。  竹田研究財団では、「古事記」編纂1300年にあたる平成24年からプロジェク トを立ち上げ、皆様の寄付で、全国のホテルや学校に無償で「古事記−現代語訳」 を配布しています。
是非、皆様も、國酒禊を買って、古事記プロジェクトへご協力をお願い致します。